バタフライ効果

蝶が起こした暴風が勝負の運命を変えることもある

SMシーズン6使用構築【最高2001】まともなビビヨンと変な取り巻き

初めての構築記事を書きます。

 

【はじめに】

XY時代からビビヨンを使ってレートやっていましたが、しばらく対戦から離れていました。サンムーン環境になり、ビビヨンが活躍しているのを多方面で目にして、復帰した次第です。

努力値振りの方法を思い出すところからスタートした私の知識は相当アバウトです。仮想的に対するダメージ計算についての記述は勿論、深い考察もありません。

 

それでもレート2000まで行けた記録として残したいと思います。

 

f:id:excela:20171108234906p:plain

 

パーティ表示は上のようにしていましたが、採用順の

f:id:excela:20171109200641p:plainf:id:excela:20171109201832p:plainf:id:excela:20171109201850p:plainf:id:excela:20171109201836p:plainf:id:excela:20171109201835p:plainf:id:excela:20171109201845p:plain

で解説していくことにします。

 

【経緯】

元々、対策を掻い潜って上を取れば勝てるビビヨンが好きで、XYからずっと使っていました。

ビビヨンには襷持ったS操作役(とパッと見わからなさそうなポケモン)からの展開が必要だったので、まずゲンガーが入りました。

次に、ビビヨンに対する早い高火力ポケモンに対して、受け出してからの再展開ができるクレセリアを採用。この3体を基本選出にしました。

この並びがパッと見て浮かないように、ビビヨンと同じくらい長年使ってた岩石封じ(に色々仕込んだ)ガルーラを採用。

ビビヨン対策として有名だったコケコとレヒレを火力増強のエサにしたかったのでデンジュモク

デンジュモクが早くなったら強いんじゃないかと思ったので、分身バシャを使ってましたが、カバに完封されたので草Z持たせたバシャを入れたらレート2001になりました。

 

【個別解説】

 

f:id:excela:20171109200641p:plainビビヨン@たべのこし 複眼

臆病 161(44)-*-97(212)-110-70-155(252)

眠り粉 暴風 みがわり 蝶舞

 

XYから使い続けてきたビビヨン

粉撒いて身代わりして羽ばたけば勝ち。対策されなければ9割勝てる蝶。

Bにがっつり振って先制技を耐えて奇跡を起こす。相手のS調整を邪推したくなかったので最速。

いけそうなら身代わり無しでも蝶舞したり、詰まずに素で暴風したりしました。無限ビビヨンの体力は有限なので、時には不十分な体制で対面の相手を突破しないと、勝てるところで負けたりします。

どんなに追い込まれても暴風混乱で敗北の運命を捻じ曲げられるので、最後まで諦めてはいけない。

ラス1ビビヨン(体力1)から、無傷の挑発サンダーを起点に3タテしたこともありました。

  

f:id:excela:20171109201832p:plainゲンガー@襷 呪われボディ

臆病 135-*-81-182(252)-95(4)-178(252)

凍える風 シャドボ ヘド爆 挑発

 

Sを逆転させて倒れる役。呪われボディで敗北の運命を捻じ曲げる。

選出した試合は殆ど先発で初手はこご風。

メガ前提で突っ張ってくれる相手が多く、仕事できないことが殆どありませんでした。

Cぶっぱのダメージが嬉しい。交代を繰り返す相手がじわじわ削れていったのが強かったです。

倒れてからが本番なので、技選択に悩まないのも良いです。

 

f:id:excela:20171109201850p:plainクレセリア@ゴツメ 浮遊

図太い 227(252)-*-189(252)-95-150-105

凍える風 瞑想 月の光 サイコショック

構築記事を書いてる今になって、Dに振った努力値4を無駄にしてることがわかりました。個体値30だったの放置してたみたいです。

 

高火力を無理やり受けてSを下げる役。

志摩さんのブログで使われていた技構成を使わせていただきました。

(ある意味、このクレセリアがレート復帰のきっかけでもあります)

受け出しからのこごかぜでビビヨン再展開を可能にした唯一無二のすごいやつ。自ら積んでエースにもなったり、ゴツメでミミッキュの影うちを受けたり、瞑想積んでそれとなく体裁を整える、このパーティの苦労人。

襷が削れていないガッサに対し、胞子を受けてから頑張って起きて強引に削りを入れたりもしました。

ビビヨンが積極的に身代わり無し蝶舞や積まない暴風を打てたのは後ろにいたクレセのおかげ。

ただし起点にされて負けるのもクレセの役回りなので、そこは気をつけなければいけませんでした。

 

f:id:excela:20171109201836p:plainガルーラ@ガルーラナイト 肝っ玉→親子愛

勇敢 207(212)-127(4)-101(4)-92(252)-105(36)-99

※メガ 207-160-121-112-125-108

岩石封じ 冷凍ビーム 大文字 地震

 

岩を投げてから4倍弱点をつく役。

シーズン1のときに作ってたらしいメガガルーラ。無補正ガルーラにしようか迷いましたが、なんだかこのガルーラが妙に使いやすかったので、そのまま最後までおつきあいしました。

自分でも良くわかっていない調整。臆病コケコのZ10万耐えて、冷凍ビームでガブを落とせるみたいですが、それを知ったのが今なのでどうしようもありません。

 

ガルーラに対して、後ろからマンダやランドが本当によく出てくるのですが、初手で投げた岩に当たった後の冷凍ビームでだいたい落ちていきます。

そもそも、このパーティには物理技が2つしか無いので、威嚇もちに引いてくれる行動それ自体が爆アドになります。

 

とにかく相手の受け出しをこちらの優位に変えてくれました。

サンダー、ギャラ、ヒートムが岩に当たって落ちていくのもよく見ました。

岩を受けた後のヒードランやジバコが地震で落ちていくのもよく見ました。

舞うハッサムやガモスも無償で落ちました。グライオン相手でも戦えます。

 

Sが下がった状態でビビヨンデンジュモクに繋げられれば良いので、困ったら岩を投げればなんとかなりました。

クレセに対するゴースト技を受けてから落ちるまで岩を投げ続けるとかもしました。

ただし普通のガルーラで勝てる相手には勝てません。そういう時は火傷と氷で運命を捻じ曲げるしかありません。また、とても遅いので、等倍相手だとだいたい殴り負けます。凍りつくことを祈りましょう。

 

f:id:excela:20171109201835p:plainデンジュモク@バンジのみ ビーストブースト

控えめ 161(20)-*-92(4)-235(164)-99(60)-135(252)

めざパ氷 10万ボルト 蛍火 身代わり

 

後述のバシャとほぼほぼセットで選出できたら強かった。相手の選出を絞る要員その2。

どこかで見つけたバトン先になるデンジュモクの調整を使いましたが、調整の中身はガッサ抜きということしか覚えていません・・・

有利対面で身代わり張って殴る。一貫作って殴る。コケコやレヒレ+高耐久がいるときは彼の出番です。というか他に高火力がいない。

催眠術を警戒してくれたおかげで身代わりが読まれなかったり、等倍の攻撃をギリギリ耐えて体力回復からの全抜きなど、数々の逆転を生んでくれました。

バンジの実のおかげで、バトン対策の呪いにも強かったのが地味においしかったです。

 

f:id:excela:20171109201845p:plainバシャーモ@クサZ 加速

 控えめ 155-*-90-178(252)-91(4)-132(252)

ソラビ 火炎放射 身代わり バトン

 

カバルドンに勝ちたい」「そこから加速を引き継ぎたい」「身代わり引き継いだらもっと強いんじゃない?」「ある程度等倍の火力も欲しい」という欲張りな夢を無理やり詰め込んだ変なバシャ。でもレート2000の立役者。

初手は殆ど身代わり。

身代わりを張ると草Zが警戒されなくなるようで、有利対面でもまず身代わりから入りました。というか有利対面でしか戦えません

このバシャが活躍できたのは、メガバシャ、炎Zバシャ、分身バトン・・・といった偉大な先人達の結果のおかげです。

バシャが呼ぶマンダやランドはゲンガーガルーラクレセのお得意様なので、第3の選出誘導枠でもあったのかも。

 

 

こんな穴だらけのパーティで潜っていました。 

 

 

【選出】

誰かでSを下げて粉撒いて身代わり。勝ち。

…とはいかず、ビビヨンはあの手この手の催眠対策をほぼ確実に呼んできます。

それがどんなものかを判断し、いかにそれを掻い潜るかを考えていました。

  

・ゲンガー+ビビヨン+クレセorガルーラ

基本選出。

相手のビビヨン対策を潜れると思った時はこれでなんとかしました。ビビヨンに無抵抗なときもこれ。

ナットレイはガルーラの大文字で飛ばせません。持ってるの気づかれないようにちょっとだけ削りましょう。

 

・バシャ+ビビヨンorデンジュモクorクレセ

初手の草Zでカバやレヒレを飛ばせて、バトン決められそうな時に。バトン決まったらだいたい勝てます。

 

・ゲンガー+バシャ+デンジュモク

ビビヨン出せない受け気味の相手に。蛍火積んで殴れたら勝ちました。

 

ビビヨン出せなさそうなら、デンジュモクを刺すこと中心に、戦えそうなポケモンを適当に選んでました。

 

 

とにかく選出と立ち回りは相手次第でした。まるで参考にならなくてすみません。

まんべんなく選出できたと言えば聞こえは良いのですが、相手依存の戦い方をしていたので、勝ち負けが不安定になったのは否めません。

 

 

【辛い相手】

たくさんいたのですが、印象に残っているものを。

 

・普通に殴られる

この構築の半分は物理受けに対するだまし討ちみたいなもんなので、半端な火力しかもっていません。

1発耐える耐久があるポケモンに上から殴られたら普通に負けます。

 

・ロックブラスト/つららばり

どれだけ眠らせても、起きた時に岩を三回投げられたらビビヨンは地に墜ちます。

クレセの特殊技がショックなので、パルシェンに破られたらどうにもなりません。

巷で噂になってる岩鋼の新ウルトラビーストは、ビビヨン使ってる身からしたら詰んでるとしか思えません。

 

・すりぬけシャンデラ

XY時代に酷使していた彼からデンジュモクに乗り換えたら、最強の敵となって帰ってきました。ゲンガー以外何もできません。

同じ貫通技でも、アシレーヌうたかたのアリアは眠らせて蝶舞を積んで祈ります。

 

 

【意識していたこと】

私の知識は相当アバウトです。デンジュモクの半減10万ボルトと等倍めざ氷はどっちが強いかいつも迷います。あくび状態のままバトンしたらどうなるか確認しておけば、少しは違ったのかもしれません。

 

相手を細かい調整で上回ることはできないので、別のところで上回らなければなりませんでした。ガルーラはその最たるものだったと思います。

配置はメジャーポケモン4体を先にして、ガルクレセみたいな響きを相手に意識させられるように。技選択を悩んだフリをしてみたり。

相手のポケモンの数が減ればビビヨン対策を突破できる場合もあります。

相手に無駄な行動をさせるために、偶然でも良いので、少しでも優位をとれたら、何か大局に影響があるのではないかと思い色々やってみました。

 

 

 

【あとがたり】

ここまで読んでいただいてありがとうございました。

自分がレート2000を達成できたのは、ビビヨンの単純な強さ以上に、相手の方とのプレイングが噛み合ったり、たまたま自分の読みが当たったり、沢山の運があったからだと思います。

 

 

最後に。

 

サンムーンになって、色々なビビヨン入りを見かけました。

XY時代から「他人のビビヨン構築を見ること」をずっと願っていた自分にとって、これは本当に嬉しいことでした。

こういう刺激を受けられる環境の中で試行錯誤できるのは本当に楽しかったです

もし自分がレート1500のまま変わらなかったとしても、やってて良かったなって言っていたと思います。それで結果もついてきたのは幸運でした。

 

ウルトラサンムーンではどのくらい真剣にやるかはわかりませんが、何か目標が見つかったら、またレートに潜っているかもしれません。その時はお手柔らかにお願いします。

 

f:id:excela:20171110192240j:plain