バタフライ効果

蝶が起こした暴風が勝負の運命を変えることもある

USUMシーズン13使用構築【最高1909】追い風参考ビビヨン

今シーズンは2000の大台に乗せることはできませんでしたが、殆ど誰も使っていない組み合わせで1900まで行くことができたので、記事にしてみようと思った次第です。
上振れでも1900まではいけました。その後急落したので参考記録です。

f:id:excela:20190106235729p:plain

ビビヨンの対策をかいくぐり、無理そうでも展開することを実現させようとしてみました。

ビビヨン

色々都合がよかったトルネロス

エース兼前座のリザードン

トリルで下から眠らせるためのミミッキュ

エースその2のカメックス

なんとなくそこにいたガッサ

の順に入ってきました。その順で解説します。


個別解説


f:id:excela:20171109200641p:plainビビヨン@たべのこし

臆病 H44 C212 S252  
暴風 眠り粉 身代わり 蝶舞

今や強者のパーティに入りえるくらい出世したわけですが、ビビヨンが構築に入るパターンはそこまで多くありません。
ポリ2とかが重い時に感じで後から入ってくるの場合と、ビビヨンをひたすら通そうとする場合とがあって、自分は後者で戦うのが一番向いているプレイヤーだということに気がつきました。
(補完で入れるか軸で入れるか、ってことですかね)

あくまでも個人の考えですが
ビビヨンを周りが全力でサポートして戦う構築には、「起点作り」と「対策の排除」が絶対に必要で、

起点作り
・S操作(S1段階↓)
・S逆転技(S2段階以上の変化)

対策の対策
・先に展開させない(挑発かワンパン)
・対策必須で敷き詰めない(ビビヨン対策に意識がいくようにする)
・コケコとレヒレを早い段階で倒す(フィールド対策)
・見えない炎技(鋼タイプを誘って燃やす)
ができるだけ必要だと感じています。
補完でビビヨンが入る構築では、そこまでお膳立てを考えなくても良いはず。

ビビヨンの天敵は沢山いますが、手っ取り早い対策は以下。
カプ達(エレキフィールドのコケコ、スカーフ巻いて上から殴るテテフ、粉に後出しのブルル、ミストフィールドのレヒレ)
鋼(ナット、グロス、カグヤ、ドラン)
草(粉に後だし。舞ってないとそもそもワンパンできない)

誇張でもなんでもなく、ビビヨン入れてると初手コケコは1000回くらい見ます。
素のビビヨンは上記対策ポケモン全てに不利をとります。
それ故に選ばれやすい。そして、汎用性も高いので簡単に構築に入れやすい。
逆に言えば、これらを誘って返り討ちにできれば、単体のポケモンによるビビヨン対策の大半は解決できるのです。

かつては襷ゲンガーや両刀ガルーラを使って、これらを実現させていました。
しかし、行き詰まりを感じていたその時、これらの要素の殆どを1枠で抱えうるポケモンを見つけました。



f:id:excela:20190107001942p:plain化身トルネロス@襷

臆病 CS252 H4

凍える風 熱風 追い風 ヘドロウェーブ

優秀すぎる同期の影に何年も隠れ続けた風神。
ぽけっとふぁんくしょんの検索ヒット数ゼロ。
第7世代シングル構築記事ヒット数皆無(検索甘いかもしれませんが)。
トルネロスが出るロムじゃない方を買う。
トルネロスが嫌いなんじゃなくてボルトとランドが好き。
霊獣がファントムと呼ばれていた過去すら今は昔。
そもそも今回は鳥じゃなくておじさんだし。

しかし、ビビヨン目線から見ると、トルネロスにしかできないことがありました。

・得体が知れない

何は無くともまずはこれ。
先発でトルネロスが出てきたとき、何をされるか想像がつきますか?
暴風Z?悪戯心からの補助技?追い風脱出?
「何をするか良くわからない飛行タイプであることだけがわかっている」対面の相手に対し、唯一の催眠対策として入っているモロバレルフシギバナを後出しできますか?ということです。
まず、これでナットレイとガッサ以外の草タイプに圧力をかけます。
ちなみに何されるか想像がついている方は、躊躇無く草タイプを選出します。

また、得体の知れないポケモン相手に有利タイプを取ったら、えてして警戒心が緩みます。
コケコ側が「とりあえず10万で落ちるやろ」とか思ってくれたり
ヒレ側が「ボルトならまだしもトルネロスやろ」とか
よくある「後出しでナットレイ投げときゃ安定やろ」とか
この勝負がイージーだなと思ってもらえれば、しめたもの。

・何故かビビヨン対策に刺さる技を覚える

先にあげた汎用的なビビヨン対策ポケモンに対し、トルネロスは何故か上から確定二発を取れます。
しかも微妙な耐久とそこそこの火力があるので、だいたい働ける。

トルネロスには熱風とヘドロウェーブがあります。
耐久振ってるレヒレ以外は確定二発を取れます。
コケコはたまに確定一発で落とせます。
熱風は鋼を6割くらい削れます。ナットハッサムはだいたい一発で落とせます。

知っていなければ見えません。誰も使ってないから。
ヒードランだけは、後述の選出圧力が効いていることと、そもそも出会わないことを祈って対策していました。
きあいだまにしてたら話は違うけど、今回は技構成変えられませんでした。

・先制追い風

トルネロスらしさ。
どんなに追い込まれても、悪戯心によって先制で後続のSを2倍にできます。
なので、対面が素でエースの上をとっているスカーフで無ければ、必ず上をとれます。

・後出しからの再展開もできる

先発でエースに暴れてもらい、ヤバそうだったら後だし。
襷を盾に技を受けて、死に際に追い風。裏からエースを出す。
つまり、必ずしも先発で無くとも良く、また、相手の事情に関わらずほぼ確実に再展開ができるわけです。

・S111

凍える風を当て続ければゲンガーより上を取り続けることができて、グロスのバレパンより早く追い風を打って後続に繋げられます。

まとめると
襷+悪戯心(後出しからでも仕事ができる)
トルネロス(対策されないので選出誘導の邪魔にならない)
凍える風(S1段階↓)
熱風(見えない炎技)
追い風(S2段階以上の変化)
ヘドロウェーブ(コケコレヒレ倒す)

と、展開阻止以外の性能を全て1体に集約することができ、まさに自分が求めていたビビヨンの相棒にうってつけだったのです。


ただし、致命的な弱点もたくさんあります。

・展開される

挑発が入っていないので展開されます。ですが、外す技が見当たらなくて、対戦相手がボルトロスと見間違えることに賭けるしかありませんでした。

・エースになれない

風起こしすらできない不一致の火力はたかが知れています。両刀ガルーラ使ってたときも同じ問題に直面しました。起点作りと4倍弱点以外に対してまともに戦えないのが辛いです。

・加速には抗えない

特性加速、ニトロチャージ
追い風とは言ってしまえば3ターンだけの2加速。
それまでに2加速ないし1加速が間に合ってしまうと、エースが消耗してしまいます。
ビビヨン使ってて永久の課題です。ゴツメ持ちが構築にいないと、好き放題加速されます。
今回はゴツメ持ちがいないので好き放題加速されました。

・悪戯心をトレース

まさかポリ2に先制で毒を入れられる日が来るとは思いませんでした。

・追い風のターン数を稼がれる

実際に起こってしまうと1番辛いのがこれ。
要は展開しても通らない。風が止んだら日常が戻る。
上手い人ほど引いてきます。
そのため、裏のエースには無効化されない一貫性と半減で受けきれない高火力が求められると考え、色々試した結果、リザードンの晴れ大文字とカメックスの潮吹きに行き着きました。


f:id:excela:20190107001818p:plainリザードン@メガストーンY

控えめ H172 B108 C108 D4 S116
大文字 ソラビ めざ氷 岩石封じ

ガッサ抜いてマンダの捨て身耐える調整だったはず。

元はニトチャするリザYでした。晴れ大文字で全てを吹き飛ばす。
誰も止められない超火力を持ちつつ、そこそこの耐久を持ち合わせているポケモンがいいなと思って行き着きました。トルネロスでは鋼2枚に対抗できなかったので、リザードンはちょうど良かったです。
基本的には追い風から降臨。でも、Sが135しかないのでトリル展開でもいけます。
交換読みの技選択を極力したくなかったので、半減でも結構大文字打ってました。

このリザードンきあいだまを持っていないので、ヒードランは本当に辛い。
じならしだったら良かったのだろうか。

このパーティに出てくる全てのリザードンがニトチャを持っているので、岩石封じでささやかな抵抗をしていました。
リザードンYはビビヨンにとってとても辛い相手です。(日照り状態だと暴風の命中が半減します)
リザXはミミッキュで頑張って何とかしようとしていました。
岩石封じがあるので、エースといいながらもビビヨン降臨の前座です。ビビヨンを通すのが本命。


f:id:excela:20190107001852p:plainミミッキュ@ミミZ

意地 H164 A156 B188
トリル 呪い じゃれ 影うち

ビビヨンが相手の下を取っている時に選出。
皮で受けて、頑張ってミリ耐えしてトリル呪いで差し返すのが主な動きでした。
相手のマンダが出てきやすいので、なんだかんだ殴って1体落としたりもする。
両メガポケモンの足が遅いので、トリルで再降臨の機会はそこそこ多かったです。
ミミッキュがいないとバシャに勝てません。


f:id:excela:20190107001837p:plainカメックス@メガ

控え目C252 S220 残りH
しおふき 波動弾 冷凍ビーム 悪の波動

皆知っているけれど誰も知らないポケモンその2。
初手にカバを選ばせたくないのと、起点作りか何かと錯覚させるために採用。
実際は補助技覚えるのかどうかは知りませんが、何かを匂わせるために配置は左上。
追い風で上からしおふき、トリルで下からしおふき。
絶妙な技範囲とだいたい1発耐える耐久で、相手の構築の想定外に入り込む。
悪波と波動弾は地味ながらそこそこのダメージが入ります。
リザードンと並べて、何かしらのテーマがあるのかと思わせて思考時間を奪う(願望)。
実際には何も無いけど相手の思考時間を奪わせれば良し。

ヒレがいたら絶対に出しませんでした。相手のレヒレが絶対に出てくるので。
しおふき警戒で躊躇無く体力削るプレイングをしてくる相手は半々でした。削られたときは頭抱えてました。
なお、カメックスだけがS操作技を持ち合わせていません。つまりカメックスを選出するときはビビヨン降臨ができない一方通行です。
と、これを書いているときに気がついたが、冷凍ビームが凍える風だったら良かったんだろうか・・・


f:id:excela:20190107001843p:plainキノガッサ@毒毒玉

陽気 H156 B100 S252
胞子 みがわり 岩石封じ 種ガン

初手のカバやレヒレをより遠ざけたかったのだが、ラスト1枠が思いつかずに適当に入れたら、なんだか上手く回るようになったので、そのまま定着してしまいました。
いっそフシギバナを入れて御三家そろえたらよかったのかもしれない。葉緑素めざ火とか使って。
一応、追い風から上取っていればハメ体制に入れるかと思って入れていました。最悪、岩投げて落ちれば裏のビビヨンやメガで優位を取ることを狙ってはいました。
が、実際は殆ど選ばれません。選出圧力をかけるだけの枠でした。
ガッサビビヨンで二重催眠ハメとか、決まったら絶対勝つけどまず決まらない。
トルネロスの襷を隠せていたかもしれません。




基本選出

トルネ+リザ+ビビヨン
殆どこれ。ステロが突き刺さって穴が開きそうですが、上を取れば大体なんとかなりました。

カメ+トルネ+ミミ
ヒレがいなくてカバやドランがいたら。
カメが不利を取ったら裏に引いて再展開。

リザ+ミミ+ビビヨン
初手から数を減らせばビビヨンが通せそうなときに。

トルネ+ガッサ+ビビヨン
まずない。


きつかった場面

・レヒレ+ドラン
要するにエースが通せなかったらしんどい。
リザYに地面技、トルネロスきあいだま搭載させてたら違ったのかも。
ヒードラン絡みが本当にしんどいので、もう少しどうにかできなかったかな、と思っています。

・バシャ+遅い物理受け
そもそもバシャ自体、トリル張って下から殴るか、トルネと後続で1.5対1交換しないと勝てませんでした。
カメックスの水技がしおふきだったので、体力削られたら泡や水鉄砲と一緒です。水の波動なら全然違っていたと思います。

・ジバコ+リザYより早い相手
ボルチェン後に上から殴られるのもビビヨン対策あるあるなんですが、
そこそこ早いボルトはトリルで何とかなるとして、ジバコだけは本当にどうしようもないのでやめてほしい。
要するにS逆転下の状態で、相手早い>こちらの2体>相手遅いの状況ができていて、対面を操作されると本当にしんどい。

・躊躇ない初手カバ
とにかくステロが刺さる。トルネロスが展開をとめられないのが全て。

・加速
ニトロチャージと加速。どうしようもない。
サメハダーペンドラーも辛い。テッカニンくらいならまだなんとかなる。

・技外し
リザードンが大文字を当ててくれないんですよ・・・


トルネロスが対面から展開を止められないので、その弱さがそのままパーティの弱さになっている感じでした。
可能性は感じましたが、シングルでの追い風展開が逆風なのがわかったような気がします。


終わりに

2000達成したとき以上に穴だらけの構築でしたが、ここまでくることはできました。
単体性能が足りないポケモンを入れながら高レートで戦うことがだんだん難しくなってきているように感じます。
ですが、Z技がある時代なので、トルネロスに限らず、今はマイナーが入っていても高レートを達成できる環境でもあると思います。
自分以上に上手な方が使えば、トルネロスで2000達成も全然ありえるように感じました。
マイナーだからこそピンポイントな状況にこれ以上なく嵌る強さになる可能性があって、それを探し当てるまでが大変ですが、苦労に見合うリターンはあると思います。
今回、今まで以上に上手く行かない時間はたくさんありましたが、トルネロスを外そうという気持ちには不思議となりませんでした。多分、愛着なんでしょう。
2000乗りたかったなという気持ちがないといったら嘘になりますが、不思議な達成感のあるシーズンでした。

f:id:excela:20190107215043j:plain